まほうのらんぷ採用情報

正規職員・パート大募集!

はたらく時間を選べる、パートスタッフも同時募集しています!

障がい者の生活支援・就労支援のお仕事です

  1. はたらくばのカフェで調理接客の支援員
エントリー・お問い合わせはこちら

「NPO法人まほうのらんぷ」とは?

障がいのある方たちが、住み慣れた地元で生活をしたり、仕事を覚えたり、社会に出ていくことを覚える支援をおこない、「自分らしく」成長して社会生活を学んでいく福祉施設です。

「自分らしくを応援します」を理念に、利用者の方々が自分のために自分で考えて決めることを大切しています。また、利用者の方々の「自分らしく」を応援するためには、職員らも「自分らしく」あることが重要であるという理念のもと、利用者の方々やご家族、そして、それらを支援する職員たちも「自分らしく」いられることを大切にしています。

障がいのある方たちが毎日通う「自分の居場所」があり、自分が「幸せを感じられる場所」がある。そんな思いを実現するために、まほうのらんぷは障がいのある方たちを支えていきます。

「まほうのらんぷ」の名前の由来は、困難な課題にぶつかった時、みんなの力を集めた「まほうのらんぷ」を擦ることによって無限な力を引き出し、課題を解決していこうという思いから名付けられました。実際に、当施設では障がいのある方々が住み慣れた地元で生活をしたり、仕事を覚えたり、社会に出ていくことを覚えることを次々と実現しています。ご本人たちはもとより、そのご家族にとっても大きな励ましの存在になっています。

仕事内容紹介

まほうのらんぷは、主に3つの事業を行っています。

★今回、スタッフ募集をしているのは、(1)生活介護事業所「はたらくば」です。

  1. 生活介護事業所はたらくば
  2. 生活介護事業所らぴす
  3. 居宅・訪問ヘルパー業務ヘルパーステーション

生活介護事業所はたらくば

こんな事をしています

知的障がいのある方たちの仕事の支援を行います。

  • Cafe Musu.Bで調理・接客のサポート
  • 高齢者施設や農家・企業から受託した
    洗車・掃除・野菜の袋詰めなどの軽作業のサポート

知的障がいのある利用者さんたちの思いを聞きながら、「どんな仕事をしたいか」「どんな風に成長したいか」を支援業務に活かして、利用者さんのお仕事をサポートします。

はたらくば

生活介護事業所らぴす

こんな事をしています

知的・身体障がいを合わせ持つ、重度の障がいのある方たちが日中のお仕事や社会生活を体験したりしながら「自分らしく」生活する場所です。利用者さんのお仕事や身体的な支援を行います。

就労支援だけでなく、季節のイベントやリラクゼーション、施設外への外出など、いろんな項目があります。

  • お仕事(粗品グッズ制作、クリップ袋詰めなどの軽作業)のサポート
  • 食事やトイレなど身体的な介助
  • 外出活動も行い、利用者さんと一緒に楽しいことも思いっきり楽しみます
らぴす

居宅介護・訪問ヘルパー ヘルパーステーション

こんな事をしています

利用者さんの自宅へ訪問したり、外出先へ同行して介助や支援を行います。介護とは少し異なり「自分でできることを増やせるように」を支援するお仕事です。

利用者さんのご自宅で入浴や食事介助をおこなうことで、ご家族の休息の時間も提供しています。

利用者さんが行きたい場所へ行くサポートをして、一緒に食事や買い物など利用者さんの余暇を楽しむ支援もします。 利用者さんが自分で仕事で得たお金で買い物をすることも貴重な経験であり、こうした活動を通じて、周りの人との関わりや、社会に慣れることを直に学びとっていきます。

ヘルパーステーション

★今回、スタッフ募集をしているのは、(1)生活介護事業所「はたらくば」です。

あなた次第で、あなたはどこまでも成長できる。
福祉の仕事は、マニュアル通りではありません。

まほうのらんぷは社会福祉法人ではなくNPO法人という形態をとっていますが、いわゆる「福祉業界」と呼ばれるお仕事に大きく分類されます。
あなたも、福祉業界は人手不足だったり、仕事がつらいといった報道やウワサ話も耳にしているかもしれません。

たしかに、この業界の中にはそういった事業所も多いかもしれません。
でも、私たちまほうのらんぷは、障がいがあっても地域で暮らしたいたくさんの方々がいることを知っています。

そんな障がいのある方々が「自分らしく」地域で生活をするためには、多くの人の支援や理解が必要です。

私たちは、そんな方々の「自分らしく」を応援するために事業所や施設をつくり、様々な支援を行っています。

本来であれば、行政や国が支援するべきことなのかもしれません。
ですが、ここ豊田市だけでなく全国的にも、支援のチカラと仕組みが不足しています。

ボランティアで支援してくれている方も多くいますが、すべてが無報酬のボランティアでは、支援する側の生活も困難となってしまい、やはり限界があります。そこで、まほうのらんぷでは、ご利用者様の「自分らしく」を支援するには、職員・スタッフも「自分らしく」できる環境が大切だと考えています。

泊まり込みの夜勤や無理な休日出勤、サービス残業もなく、ブラック企業と言われるような有給休暇が取れない空気なども一切ありません。少ないかもしれませんが、各種手当やボーナスもきちんと支給を行い、毎年しっかりと昇給していく制度も整えています。毎日遅くまで残業・・・ということもなく、普段の残業は月合計6時間ほど。1日20分もありません。忙しい時でも月20時間程度です。もちろん、残業手当はしっかり支給しています。

ご利用者様を笑顔にするには、まず我々スタッフが笑顔でいられないといけません。きっと、まほうのらんぷで働くと、一般的に言われているブラックな福祉業界のイメージが変わると思います。まほうのらんぷでは、無理せず安心して働いていただくことができ、スタッフの仲間とチームで助け合いながら、ご利用者様ひとりひとりを丁寧に支援していく環境が整っています。

仕事を通じて、ご利用者様だけでなく、きっとあなた自身も日々成長を実感できることと思います。

毎日の天気が変わったり、季節が変わったりするように、ご利用者様も、支援するスタッフも、毎日全く同じ日々を過ごすことはできません。いろいろなイベントがあったり、いろいろな出来事があり、ときにはいろいろなアクシデントも発生するでしょう。

福祉の仕事は、マニュアル通りにやっていては、必ずどこかにその影響が生じます。もちろん「こんな場合はこうしましょう」という一般的な知識は、研修やマニュアルで学習できますし、先輩スタッフがきちんと教えます。しかし、臨機応変にご利用者様の様子を見守りながら、個人個人に合った支援をできてこそ、「自分らしく」を応援できると思います。

困ったときは、チームの仲間が必ず助けてくれます。ぜひ、あなたもまほうのらんぷで、ご利用者様の「自分らしく」を、チームのみんなの「自分らしく」を、そして、あなた自身の「自分らしく」を、仕事を通じて実現してみませんか?

まほうのらんぷに通うご利用者様は、あなたの「自分らしく」を、必要としています!!
ぜひ、まほうのらんぷにあなたのチカラを貸してください。一緒に、持続可能な支援の仕組みをつくり、ご利用者様もスタッフも、みんなが地域で安心して暮らせる社会を作っていきましょう!

らんぷの魅力

まほうのらんぷは、障がいのある子どもたちの親の会としてスタートしました。

子どもたちが小さいうちは、特別支援学校に通うことができる。でも学校を卒業したらどうなるのだろう。

「作業所や福祉施設は定員オーバーで入れないかも」
「行政が施設を増やす予定はしばらく無いらしい」
「一般企業の障がい者の求人はものすごく少ない」

卒業後に行き場がなく、ずっと在宅生活になってしまうかも。
子どもだけでなく、親も年を重ねて生活が大変になる。
もし私たちがいなくなったら、この子はどうなるのか・・・。

そんな将来の不安をもった障がい児の親たちが集まり、動き始めました。

「障害があっても自立して、社会とかかわりながら
住み慣れたこの地で生活をしていけるようにしよう」

毎日楽しく通える場所を、親も子も安心して暮らせる環境を自分たちで作っていこう。
そんな思いを実現するべく、みんなでチカラを合わせ、たくさんの方々にご協力をいただき事業がスタートしました。

知的障がいのある方たちが日中に仕事をする場として、豊田市のおむすびカフェ「カフェMusu.B」をオープン。
野菜の袋詰めや、洗車・清掃の軽作業など、地域の農家や企業から受託した事業なども行う「生活介護事業所はたらくば」や、身体障がいや重度障がいのある方たちの仕事のサポートやレクリエーションを行う「生活介護事業所らぴす」、それぞれの利用者さんのご自宅で入浴や食事の介助を行ったり、利用者さんが行きたい場所で食事や買い物などの余暇を楽しめるようにサポートする「ヘルパーステーション」など、まほうのらんぷをご利用いただく方に必要な事業を各種展開しています。

最初は、少人数の利用者さんと共に、小規模な任意団体としてスタートしました。
いまでは、受け入れる利用者さんの人数も増えて、今後も持続可能な組織となるべくNPO法人として正式に法人化。
この地域になくてはならない大事な場所のひとつになっています。

2017年4月には、生活介護事業所「らぴす」が松平拠点から豊田市中心部の栄生町(梅坪駅から少し坂を上った、地域医療センターなどの近くです。)へ事業所をお引越しして、より利用者さんが通いやすく、快適に日中の活動を過ごせるようなりました。広くてキレイな新しい職場で、ぜひ一緒に利用者さんの支援をしていただけませんか?

小規模組織だからこそ、利用者さんを大切にできる環境があります。

まだまだ規模は小さな組織ですが、まほうのらんぷは理事長自らが、学生時代よりボランティアで福祉に関わり、あつい想いを持って立ち上げました。いまでもスタッフと一緒に現場に入ることもあるほど、利用者さんや福祉業界の今後について、熱心に考えて活動をしています。

小さな組織のため、アットホームに利用者さん一人ひとりとじっくり接することができ、利用者さんもスタッフも「自分らしく」を大切にできる環境が、まほうのらんぷの魅力でもあります。

また、現場と上の風通しも良く、利用者さんの思いを叶えていくために必要な提案や改善は、積極的に採用されています。ぜひ、利用者さんやスタッフのみなさんと一緒に「まほうのらんぷ」という組織も成長させてください。

利用者さん一人ひとりの成長を見守ることがお仕事です。

障がいの種類も度合も、それぞれ個性があります。
例えば、就労支援の場面・・・
10個作らないといけないけど、「やりたくない」と言うような人もいます。
そんな時は、「やらなきゃいけないよ」と無理強いするのではなく、「5個だけならできる?」と目標を下げてみる。
実際に5個できたら、めちゃくちゃ褒めてあげて、「じゃあ次は…」と次の目標に向かわせてあげるのです。

それでも、どうしてもその気にならないなら、一緒になって別のことをしたりもします。それでいいのです。
まほうのらんぷは、あくまで障がい者のみなさんが成長する場。
しかも、その成長の度合いは本当に少しずつでいいのです。

やることは「就労」ばかりではありません。

利用者さんにじっくり、ゆっくり向き合い、成長を見守ってあげてください。

先輩スタッフの声

まほうのらんぷで働いているスタッフにインタビューしてみました。

大学で経済やお金のことを学んだことで、逆に福祉業界に興味を持ちました。

はたらくば・ヘルパーステーション 支援員 Tさん(男性) 入社3年目

なぜ福祉業界を選んだのですか?
大学の専攻は経済学部でした。経済やお金のことについて学ぶうちに、「お金を貰うために働く」ということに疑問を持ちました。お金を目的にするのではなく「人のために働いてお金をもらう」ということができることは何だろうと考えた結果、福祉業界のことを知り、まさに困っている人・支援を必要としている人のために働けるので、福祉の道を選びました。
まほうのらんぷに入ってからの仕事内容や役割は?
「はたらくば」で利用者さんの支援をしています。主に、カフェの業務で利用者さんの接客や調理をサポートしていますが、たくさんお客様が来たときには自分が料理を作ることもあります。イベントなどでの出張販売などもお手伝いします。
また、居宅介護・移動支援のヘルパーとしての仕事もしています。日中のはたらくばと同じ利用者さんが多いので、利用者さんのこともよく知っていてヘルパー業務もやりやすいです。
いまの仕事のやりがいや達成感などは何ですか?
話し方や仕事のやり方などを利用者さんに伝えると、後日きちんと意識している様子や、話し方が変わって一歩成長した姿を見ることがとてもうれしいです。
私自身は入社3年目になりますが、少しずつ自分のできる仕事が増えて、無理のない範囲でいろいろと任せてもらえることにもやりがいを感じます。
なによりうれしいのは、利用者さんが毎日笑顔で来所されるので、こちらも毎日うれしい気持ちで迎えることができます。
利用者さんに対して気を付けていることはありますか?
利用者さんの尊厳を保持するため、子ども扱いをしないよう常に意識しています。職員の価値観や判断で利用者さんのやることを一方的に決めるのではなく、利用者さんがどうしたいかを聞くように心がけています。
お休みの日は何をしていますか?
好きなバンドのライブによく行っています。夏は野外フェスにも行きます。
先日は映画を見て号泣しました。カラオケも好きです!
まほうのらんぷへ就職を検討している人へメッセージを!
私は大学で経済学を学び、全く経験や知識のない福祉の世界で社会人を始めました。最初は全くわからないことばかりで戸惑いもありましたが、理事長や先輩がたも丁寧に仕事を教えてくれるので安心して働けています。今の仕事は、学べば学ぶほど、利用者さんと接すれば接するほど、この仕事にやりがいを強く感じます。毎日が成長の日々で、仕事が楽しくなっていきます。この楽しみを一緒に分かち合いませんか?

募集要項

現在まほうのらんぷでは、生活介護事業所「はたらくば」の正規職員およびパートスタッフを同時募集しております。

  1. はたらくばのカフェで調理接客の支援員
エントリー・お問い合わせはこちら

職種/仕事内容

  • まほうのらんぷは、障がいのある方たちが自分らしく成長し、社会生活を学んでいき、ともに育ちあう場所です。その育ちあいのお手伝いをしていくのが、あなたにお任せする仕事です。
  • 障がいにはそれぞれ違いがあります。その違いに気づき、一人ひとりにあった支援方法を見つけていく。それも仕事のうちです。生活支援、就労支援、社会支援を通じ、一緒に自らも成長していきたいと考えられる方、大歓迎。業界未経験者もぜひ、積極的にご応募ください。
  • 法人を立ち上げて運営している理事長もとても良い方で、いつも現場に出ては職員たちと一緒に活動してくださっています。現場を知っているからこそ、現場の苦労もよくご理解いただいているのがスタッフにとっては励みであり、やりがいでもあるようです。

★普段の活動内容や様子は、公式ブログ公式Facebookページでも掲載していますので、ぜひご覧ください。

<はたらくば(カフェ)での仕事をご希望の方>
  • 『まほうのらんぷ』の喫茶部門『Cafe Musu.B(カフェ・ムスビー)』の運営を中心に、知的障がいのある利用者の方々の就労支援・生活支援をお任せします。
  • 主におむすびカフェの「Cafe Musu.B」にて、利用者様の調理や接客のサポートを行います。
  • ランチのみで夜間の営業はありませんが、土日に地域のイベントへの出張販売を行うことが年に数回あります。
  • 企業などから受注した軽作業(チラシ折り、野菜袋詰めなど)の作業の指示出しや、困った時のお手伝いを行ないます。(週2~3回ほど)
  • 2ヶ月に1回ほど、いちご狩りや旅行などのレクリエーションを行ないます。利用者の方と相談し、行き先を決定。機械の操作に慣れている利用者の方には、スマホで目的地までの行き方を調べてもらうなど、活動の中でもそれぞれの得意分野を活かす機会を作っています。
  • 支援計画の作成(入職2年目頃からお任せ)を行います。利用者の方と面談を行ない、1年分の支援計画を作成。「家族の送り迎えじゃなく、一人で通えるようになりたい」「体型が気になるから運動したほうがいいかな…」など、本人の希望や悩みに合わせて柔軟にプランを考えます。

その他、詳しい仕事内容はお気軽にお問い合わせください。
実際の現場を見学していただくことも可能ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

対象となる方

  • 今回の採用では、【高卒以上】の方であれば、これまでの経験は一切不問。
  • 職種・業界未経験、社会人未経験の方を歓迎しています。
  • 「再スタートを切りたい」という第二新卒の方のご応募も歓迎です。

以下に当てはまる方は特に歓迎・優遇いたします!
  • 普通自動車免許(AT限定可)
  • 介護職員初任者研修の修了者(旧ヘルパー2級)または介護福祉士をお持ちの方
  • 簡単なパソコン操作のできる方
  • 協調性があり、人と話すのが好きな方
  • いつも明るい対応ができて、利用者さんのペースに合わせるのが苦にならない方(マイペースな方も歓迎します!)

「困っている人の役に立ちたい」「障がいのある人を支援する仕事がしたい」そんな気持ちのある方を、ぜひお迎えしたいと考えています。気になることがあれば、遠慮なくお問い合わせください。

勤務地

▼生活介護事業所はたらくば
豊田市上原町上原6-7



勤務時間

▼正規職員
定時 9:00~18:00(実働8時間)
※休憩あり、月6~20h程度の残業あり(残業手当支給)

▼パート
週3~5日(シフト制)
(1) 9:30~15:30
(2) 9:30~16:00
(3) 9:30~17:00
など本人が選択可能

休日休暇

完全週休2日制(日・他1日)、夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇

※パートさんはシフト制(日曜は施設定休日)

給与

▼正規職員
大卒以上:月額188,000円~
専門・短大卒:月額178,000円~
高卒:月額168,000円~

さらに上記に加えて、賞与(前期実績:年間4ヶ月分)・資格手当・各種手当などがつきます。

※上記はあくまで最下限の規定給与です。転職・中途採用の方は、経験や能力はきちんと考慮します。
※毎年しっかり昇給できる仕組みが整っています。

▼年収例
・420万円(26歳・入職4年・月収35万円相当)
・450万円(30歳・入職4年・月収37.5万円相当)

・賞与 年2回(前期実績:年間4ヶ月分)

▼パート
時給 900円~
(研修期間は別途)

待遇・福利厚生

昇給制度あり、賞与年2回(前期実績:年間4ヶ月分)、社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)、交通費規定支給、資格手当、役職手当、住宅手当、家族手当、車通勤OK(駐車場完備)、制服貸与、ワークフレンドとよた加入(地域共済会)、退職金制度(中小企業退職金協会加入)、資格取得支援制度

※パートさんは、一部対象外あり。詳細はお問い合わせください。

採用の流れ

採用確定後すぐに勤務開始していただけます。
勤務開始の希望時期は面接時にご相談ください。

▼採用までの流れ
1. お電話またはエントリーフォームからお問い合わせ
2. 面接日時をご相談
3. 履歴書を郵送
4. 面接
5. 採用結果の通知

エントリー・お問い合わせはこちら

教育制度・キャリアパスについて

まほうのらんぷでは、スタッフの成長やスキルアップが、利用者さまのサポートに大きく影響すると考えており、スタッフの教育や研修制度にもチカラを入れています。外部の専門家を招いての勉強会や研修なども行っています。

将来のキャリアパスについては、各自の希望や適正に合わせて、施設長・主任・リーダー等にキャリアアップが可能です。 ぜひ、積極的に自分自身も成長していただき、利用者さんや組織を支えてください。

<資格手当一例>
介護職員初任者研修:月2000円、介護福祉士実務者研修:月5000円、介護福祉士:月8000円
その他、各種資格手当や資格取得補助などがあります。

エントリー・お問い合わせ

ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。
エントリーやお問い合わせは、下記のエントリーフォームまたはお電話でお願いします。

0565-42-2421

「ホームページの採用情報を見て電話した」とお伝えいただけるとスムーズです。

※採用強化期間につき、土日や営業時間外も、自動転送にて受付しております。遠慮せずお電話ください。

エントリーフォーム

お名前
ふりがな
生年月日
Email
電話番号
備考

応募後、数日以内に担当者よりお電話またはメールでご連絡させていただきます。